© 2018 KIYOMO inc.

How To Choose Your Fins —フィンの選び方

フィンは、サーフボードのセットアップの重要な部分です。最適なフィンを選ぶことは、あなたの身長・体重、ボードのスタイル、フィンボックスによって決まります。

フィンサイズまたは異なるフィン形状について説明する前に、グラスオンフィンとボックスフィンを区別することが重要です。

●グラスオンフィン/ボックスフィン

グラスオンフィンはサーフボードにラミネートされています。グラスオンフィンは、ボックスフィンよりも見た目が良いかもしれません。しかし、グラスオンフィンは修理が難しく、ボックスフィンのような多様性がありません。

 

ボックスフィン付きのサーフボードには、フィンを挿し込むボックスがあります。ボックスフィンは、フィンキーを使用して、小さな(通常はステンレススチール製の)インセットネジを調整して取付または取り外しできます。フィンをむりやり入れるとボードやフィンが損傷する可能性があります。代わりに、ネジが緩んでいて、フィンが正しい方向を向いていることを確認してください。センターフィンとサイドフィンは形状が異なりますので、正しいボックスを使用していることを確認してください。フィンが固定されたら、キーでネジを締め、フィンがしっかり固定されていることを確認します。

Fins Size —フィンサイズ

ライダーの体重に応じたキャプテンフィンの推奨フィンサイズです。あなたが推奨サイズの間の場合は、その特定のセットアップで乗るボードの種類や波の種類を検討してください。たとえば、サイズがMediumとLargeの間にある場合は、小波用のボードにはミディアムフィンを選択しますが、サイズのある波で使用するボードにはラージフィンを選択します。

GROM: 〜52kg SMALL: 〜70kg MEDIUM: 63〜86kg LARGE: 79kg〜

Fin Configuration —フィンの数

SINGLE FIN

シングルフィンボックスは、ロングボードで最も一般的であり、最も伝統的なフィン構成です。1つのフィンで回転することは限られています。つまり、1つのフィンは高速で直進性が高いということです。シングルフィンは、安定性、制御性、予測性に長けてます。ボックス前方にセットすることでゆるやかな感じが得られます。

THRUSTER/ TRI FIN

最近は、トライフィンセットアップが最も一般的な構成であり、様々なサーフボードの形状とサイズに使用することができます。 サイドフィンはボードの中央に近く、ボードの中心に向かって傾斜しており、水のトラッキングと速度を上げるために内側が平らになっています。センターフィンはテールに最も近く、安定性のために両側が対称です。トライフィンは優れた安定性、制御性、操縦性があり、優れた性能を発揮するので初心者からプロの方まで使用します。

TWIN FIN

ツインフィンは、サーフボードを楽しく、遊び心があり、操作しやすくします。ツインフィンのセッティングはフィッシュボードに理想的であり、大きな波でも楽しいむことができます。ツインフィンは、より滑らかで、より長ターンを引き出します。

QUAD FIN

クワッドフィンは、サーフボードの端に水を流し、テールから水を出すことで、より加速し、スピードを発揮します。サーフボードのレール近くに2本のフィンがあることで大きな波でも安定性が増します。クワッドフィンは素晴らしいドライブターンを約束します。

5 PLUG

5フィンは、5つのフィンを付けてサーフィンすることを意図していません。 5つのフィンボックスにより、パフォーマンスや波のコンディションに応じてフィンを変えてマッチさせることができます。ツインフィンの自由、スラスターの牽引力、板を変えずにクワッドのスピードを楽しむ事ができます。

Fin Dimensions and Geometry —フィンの各数値

スイープ、先端、ベースの長さ、フォイル、フレックス、高さ、傾きはすべてのフィンに重要な測定値であり、フィンを選ぶ際に考慮する必要があります。

Sweep (rake)

スウィープ(レーク)は、フィンの前縁がどれくらい後方に弧を描くかである。レークまたはスウィープの角度は、フィンカーブがベースに対してどれだけ後方に戻るかを決定する測定値です。小さなレーク(大きなオフセット)を持つフィンは、ボードを推進するのに役立ち、非常に安定しており、予測可能ですが、急な高速回転をするのには理想的ではありません。一方、大きなレークアングルと小さなオフセットを持つフィンは、ボードがより鋭い回転半径を持つことを可能にし、突拍子もない回転性があります。

Toe / splay

フィンの先端またはスプレーは、ボードのストリンガーに対するサイドフィンの角度として定義されます。サイドフィンは、典型的には、フィンの前面がボードの中央に向かって傾斜している「トーイン」と呼ばれます。これにより、フィンの外側に水が加わり、応答性が向上します。

Base length

フィンのベースの幅は、フィンの最も広いポイントであり、ボードと同一平面上に設置される。この長さは、ターンにどのように反応するかに影響を与えます。より広いフィンベースは、水が通過する軌道を作り、サーフボードはより速く動くでしょう。しかし、鋭いターンを作りたい場合は、フィンベースの長さを短くしてください。

Foil

フォイルは、フィンの外側と内側の面の形状を指し、 先端近くで最も薄く、ベースの近くではより厚くなります。フォイルはフィン表面上の水の流れを変え、フィンとボードの性能に直接影響を与えます。ミッドフィンは常に左右対称で凸面であり(50/50)、均等な分布と安定性を有し、外側のフィンは通常外面が凸であり、内側は平坦または湾曲している。平坦な内面はコントロール、スピード、遊び心のバランスがよく、カーブまたは凹面の内側面は最小の抗力でリフトを最大化し、スピードを生み流動性があります。

Flex

フィンの柔軟性、またはその欠如は、サーフボードの乗り方に大きな影響を与える可能性があります。一般的に、フレックスフィンは滑らかな感触でとより遊び心のある波に理想的ですが、硬いフィンはより速い波に理想的です。

ハイエンドフィンは柔らかく、同時に堅く、フレックスパターンを持っていることが重要で、ターンの時にボードがルーズになるようにソフトな先端を備えています。

より剛性の高いフィンはすべてのレベルでうまく機能します。許容性があり、安定しており、予測可能であり、進行と大きな波乗りのための強固なプラットフォームを作り出します。柔らかくフレキシブルなフィンは速くて鋭いターンを作るのに最適で、フリーサーファーにはボードに活発性を与えますが、硬いフィンに比べて制御が難しいです。

Height

高さは、フィンのベースからフィンの最も高い点までの数値。この数値はボードの安定性を変え、ターンに影響します。コントロールしやすいボードを望むサーファーにとって、高さの高いフィンはより容易になり、リラックスしてターンが出来ます。逆に、短いフィンはターン時にボードが水を切るようシャープになります。

Cant

カントは、サーフボードのベースとの関係で、フィンの傾きの角度です。例えば、フィンボックスの上にまっすぐ上がっているフィンは傾き(90°)がなく、より速いライディングとなり、90°を超えるものは応答性が向上します。特にターンを通してカントのあるフィンからライダーとボードの接続性と応答性の向上効果を感じるでしょう。カントの少ないフィンはドライブ感と加速がありますが、ボードの遊びは少なくなります。ターンの際にカントのあるフィンはサーフボードをよりルーズで操作が簡単に感じるでしょう。

Conclusion  —結論

どのフィンがあなたに最も適しているか最良の方法は、異なるセットを試すことです。

車の運転をテストするのと同じように、さまざまな構成とタイプのフィンをテストするべきです。

Buying tips

●硬いボードには角度が小さく、小さなサイズのフレキシブルなフィンを組み合わせると、もっと楽しめます。

●ソフトまたはルーズなサーフボードはよりスピードアップし、十分な角度がある硬い大きなフィンと組み合わせると、より良いドライブを感じるでしょう。

●フィンの配置とは、ボードに付けたときのフィンの広がりまたは近接度合いを指します。

●フィンの配置が離れていると、よりコントロールが強い、ドライブする大きなターンになり、フィンの配置が近いと、レスポンスが早いフィーリングとなります。

●テールのフィンセッティングはボードのフィーリングに影響します。前めにセットすると、ゆるやかな感じの乗り味に。さらに後ろにセットすると、ホールド性とコントロール性が得られます。

●ロッカーのあるボードには大きめのフィンが有効であり、理想はあなたのボードのロッカーが、波のカーブにマッチすること。ロッカーのあるボードは、よりホロー(掘れた)波にマッチします。大きなフィンは掘れた、角度のあるフェイスの波に有効です。

●ワイドテールのサーフボードは、大きなフィンでよりよく機能します。

●ビッグウエーバーには、より大きくレイクしたフィンが必要されます。